上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレイヤーは、8方向レバーと2ボタン(ショットとフォーメーション)で自機・ウイングギャリバーを操作し、陸地・海上などの上空を進んで行く。地上物と空中物は同じショットで破壊できる。合体状態でFマークがある場合、一定時間だけ「フォーメーション攻撃」が可能になる。フォーメーション攻撃中は通常では撃てない場所に弾を撃てたり、破壊不可能な空中物が破壊できるようになる。ショットはプレイヤーのボタン連打の速度に関わらず一定間隔で発射されるという、癖のある仕様になっている。
地上物と空中物は同じショットで倒せるが、破壊不可能な地上物や空中物に遮蔽されるとその後ろに一切攻撃ができない。それをフォローするためにさまざまな特殊攻撃が存在する。
敵空中物はまとまった数で出現する。またトリッキーな動きをする敵も多く、弾を発射するよりも、自機に突進してくるタイプの敵が多い。敵の出現パターンは、エリアによってある程度決まっているため、素早く殲滅すればするほど楽になり、撃ちもらすとその敵の執拗な攻撃を受け、一気に窮地に陥ることもある。また、敵は全て画面上に見えているわけではなく、一部の地上物は一定距離に近づくか、画面上に配置されてから一定時間が経過すると姿を現し、攻撃してくることもある。
エリアは一定の長さで仕切られており、ボスが出現するエリアもある。ボスは3種類存在し、登場する順番は常に固定。ミスした(自機を失った)時点でのエリアの進行状況に応じて、再スタートエリアが決まる。
またある条件下で雑魚を撃つと1000と表示される時があるが、実際にはその得点は入っていない。

wikipediaより
ストーリー
未来の地球である宇宙世紀に、宇宙から飛来した宇宙魔王マンドラー軍により、地表は占拠され、人類は海底に追いやられる。地球奪還のための組織「テラクレスタ」の奪還作戦によって、ウイングギャリバーを駆り、マンドラー軍を撃退する。

BGM
基板のバージョンによって、音源ICがYM2203のものとYM3526のものがある。異なるバージョンが存在するのは、当時は国内外でヒットしたので、増産体制に移った際にYM3526が不足し、代替としてYM2203を使用したためである。
なお、YM2203版では、SSG音源がBGMを担当し、FM音源はS.E.で使用している

wikipediaより
テラクレスタ、1985年に日本物産(ニチブツ)から発売されたアーケードゲームの縦スクロールのシューティングゲーム。
同社の『ムーンクレスタ』の続編。『スペースインベーダー』で始まった『ギャラクシアン』などの固定画面シューティングだった前作に対し、本作は『ゼビウス』で始まった縦スクロールシューティングとなっている。また、「合体」というその後のニチブツシューティングパワーアップ要素を確立させた作品でもある。
合体というシステムに関しては本作の前に出た横スクロールシューティング『マグマックス』と近い部分が多く、また本作のシステムを継承した作品として『UFOロボ ダンガー‎』『テラフォース』や、家庭用での続編『テラクレスタII』『テラクレスタ3D』などが存在する。スタート時に鳴る音楽は、ラスト1機の時だけ、通常とは異なる『ムーンクレスタ』のオープニング曲をアレンジした曲が流れる。
プロフィール

ナニシィ

Author:ナニシィ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。